Hのテクニックを磨く48の方法★女性制作のSEX DVD【LOVE48】

2019年10月07日

米中閣僚協議、中国は議題限定の構え

中国政府は米国と今週ワシントンで開く閣僚級協議を前に、交渉範囲を絞りこむ意向を示しており、トランプ米大統領が望む形の全面的な合意に応じないもようだ。最近数週間に訪中した高官によると、中国代表団を率いる劉鶴副首相は、米国政府が要求し続けている産業政策の改革や補助金の撤廃を閣僚級協議での提案に盛り込まないと表明した。香港経済紙『信報』が7日、外電を引用する形で伝えた。



 アナリストによれば、中国が強気になった背景にはトランプ氏に対する弾劾調査と貿易摩擦に伴う米景気減速がある。成果を焦るトランプ氏が妥協に傾くと、中国指導部が考えているとの見方だ。トランプ米政権に近い筋は、弾劾調査は対中協議に影響しないと主張している。ただ、トランプ氏が先週、中国政府に対し、来年の米大統領選の民主党有力候補であるバイデン前副大統領と息子ハンター氏を不正なビジネスの疑いで調査するよう要求したことで、つけいる隙があると中国に思わせた可能性がある。



posted by taka at 17:15| Comment(0) | 豪ドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: