Hのテクニックを磨く48の方法★女性制作のSEX DVD【LOVE48】

2020年03月19日

豪中銀も緊急緩和に追随、金利は「下限」に達しYCCも導入

豪中銀も緊急緩和に追随、金利は「下限」に達しYCCも導入

事実上の量的緩和政策を導入も、今後はさらなる追加措置を求められる可能性も



 昨年末に中国で発生した新型コロナウィルスは、足下では中国以外で感染者数が爆発的に増加するなど世界経済のリスクとなっている。豪州では今月初めに中銀が追加利下げを実施し、政府も景気刺激策を発表するなど金融・財政両面で下支えする姿勢を強めた。

 しかし、世界経済の減速を警戒して国際金融市場は動揺するなかで「トリプル安」に直面し、世界的な協調緩和が広がりをみせるなかで中銀は追加対策を迫られた。



 19日に中銀は政策金利を同行が想定する「下限」の0.25%に引き下げるとともに、3年物国債金利を0.25%とするイールド・カーブ・コントロール(YCC)を導入すべく公共債を購入する量的緩和政策に舵を切る。

 また、中小企業向けの資金供給支援としてターム物資金供給ファシリティーの導入も決定した。金融市場の動揺を抑えるべく流動性供給を図る姿勢を示したが、今後は量的緩和の拡大など追加対応を求められる可能性もあろう。
Cut2020_0319_1800_32.jpg
ある程度買いポジション整理されたかな。
ここから64までは上がるはず
posted by taka at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナによる相場の大暴落

1月20-21日分の金融政策決定会合議事要旨

「大方の委員は、物価安定の目標に向けたモメンタムが損なわれる惧れに注意が必要な状況は続いており、金融政策は緩和方向を意識して運営していくことが適切であるとの見方を共有」

「ある委員は次なる景気後退への備えを考えておくべきであり、政府の財政政策および成長政策との連携強化が一層重要と述べた」

【ワシントン時事】新型コロナウイルスの世界的流行の中、米国と中国の両政府による非難合戦が止まらない。ウイルス発生源の中国での隠蔽(いんぺい)を批判する米側に対し、中国側は「米軍関与説」をぶち上げ、米側は「偽情報キャンペーンだ」(ポンペオ国務長官)と猛抗議。さらに中国政府が米主要紙の記者排除を発表し、「報道の自由」をめぐる対立が新たな火種として浮上し、貿易戦争や人権問題などで緊張している米中摩擦が激化している。

もうわけわからないけど儲かる
posted by taka at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

ブレグジットや米中協議、トルコ・シリア動向などが材料

本日のロンドン為替相場は、ブレグジット、米中通商協議、トルコのシリア侵攻などに関連する情報を受けたリスクセンチメントの強弱に振らされることになるか。

 昨日は英タイムズ紙の「EUがバックストップ案で大きな譲歩」報道でポンドが急伸も、EU当局者の否定で失速。市場の反応をみると、やはりEU側がどの程度まで歩み寄るかが焦点となる。なお、英大衆紙サンは「もしジョンソン英政権が期限とされる31日までにEU離脱を実行できなければ、最大野党・労働党は11月26日に総選挙を実施することを承諾」と報じている。

 本日から予定されている閣僚級の米中通商協議に関して、昨日から様々な情報が錯綜しているが、どちらかと言えば協議進展を期待させるものが多いようだ。市場もリスク志向の姿勢に傾きつつある。もっとも、中国が触れられたくないウイグル問題についてトランプ米政権は踏み込んでおり、中国側が素直に妥協するかは未知数だ。いずれにせよ、米中両方から出てくるであろうヘッドラインニュースに注意しての取引となるだろう。



 トルコがテロ組織とみなすクルド系武装勢力の排除をめざし、トルコ軍がシリア北東部に侵攻したことに対して、欧米や中東諸国から非難の声が多く挙がっている。しかしながら、エルドアン・トルコ大統領が他国の警告に耳を貸すとは到底思えない。トルコ軍の攻撃ですでに一般市民の被害も伝わっており、軍事行動が行き過ぎた場合はトルコへの経済制裁も現実味を帯びてくるだろう。まだ暫くはリラの地合いの弱さが継続か。




posted by taka at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE GIRLS OF SURFING





posted by taka at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日から米中閣僚級貿易協議・・・

ドル円は朝方サウスチャイナ・モーニングポストの記事「米国と中国は、2日間の次官級協議で主要な貿易問題について進展がない」「閣僚級協議は2日間の予定だったが、1日に短縮する」に反応して一時107.04円まで下げた。しかしホワイトハウスの話として「中国の劉鶴副首相は11日まで会談のためワシントンに滞在」と伝わったことで107.37円付近まで反発している。本日はゴトー日とあって仲値のドル不足は通常より多めの模様。本邦輸出勢は107.50円以上で適時に売りのようだ。米系短期勢は107円台後半から売りが観測されている。本邦輸入勢は106円台半ばからしっかりとした買いが観測されている。米系短期勢は106円台後半の下押しは適時に買いのようだ。本日から米中閣僚級貿易協議が開始されるがヘッドラインリスクに要注意。ドル円はテクニカル的に目先の下値目処は節目の107.00円や一目均衡表雲上限の106.89円、昨日安値106.81円、7日安値106.57円とし、上値は昨日高値の107.63円を意識し、株価や米長期金利をにらむ展開となろう。




posted by taka at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

2010_台北電玩展_TGS_億泰利







posted by taka at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株見通し-底堅い展開か 米9月PPI、パウエルFRB議長発言に注目

今晩のNY市場は底堅い展開か。10日からの米中閣僚級通商協議を控え様子見姿勢が続くと予想されるものの、米国側から通商交渉に前向きな発言もあり、暫定合意への期待が相場を支えそうだ。10月末のFOMCやその後の利下げ見通しを巡っては寄り前に発表される米9月生産者物価指数(PPI)や午後に予定されるパウエルFRB議長の発言にも注目が集まる。

 今晩の米経済指標・イベントは9月PPI、パウエルFRB議長講演のほか、9月NFIB中小企業楽観度指数、エバンズ米シカゴ連銀総裁、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁の講演など。主要な企業の決算発表はなし。



posted by taka at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Intermediate Yoga ♥ Stress Release Flow | Playa Barrigona





posted by taka at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

Tik Tok Japan Vs Korea





posted by taka at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする